北海道北見市の保険代理店です。火災・傷害・自動車・生命保険・がん保険・医療保険を取り扱っております。

知ってあんしん!もしもの時の「がんのはなし」

  • HOME »
  • 知ってあんしん!もしもの時の「がんのはなし」

y3_01

日本人の2人に1人が「がん」になる!?

一生涯で「がん」になる確率は男性では62%、女性では46%といわれています。
y3_02

では、20歳から64歳までの働き世代では「がん」になる人は年間何万人だと思われますか?
y3_05y3_05
このように、「がん」は特別な病気ではなく、あなたもかかる可能性のある身近な病気なのです。
このことは昭和52年以降、北海道の死亡原因1位になり続けていることからもうかがえます。

しかしながら、早期発見・早期治療であれば5年後の生存率は約90%といわれています。
そのため、定期的にがん検診を受け、早期発見されることが重要になります。

「がん」治療は時間がかかる

治療方法には【手術療法】【くすりによる化学療法】【放射線療法】の3つがあります。

y3_03

本当に軽度であれば、手術療法のみで済みます。
しかし、大半の場合は再発防止などの目的で、他の療法と組み合わされます。

くすりによる療法では、週1回~月1回ペースでの通院が1年程、必要になります。
放射線療法の場合は、毎日の通院を一定期間続けることが必要なときもあります。
このように「がん」の治療には時間がかかり、医療費もかさんできます。

「がん」に関わるお金のはなし

がんの療法は手術・くすり・放射線とどうしても高額な治療法になってしまいます。
自己負担額を見てみると、最もなりやすい胃がんでは約30万円もかかります。

胃がん以外のがんでは、自己負担額はいくらになると思いますか?
y3_05y3_05
その上、公的医療保険の対象外となる先進医療費や入院時の宿泊費、かつら代など治療費以外にも何かと出費がかさみます。
さらに、「がん」にかかると今まで通りに働けるとは限りません。
「治療に専念するため」や「副作用・後遺症のため」に休業・休職されたり、退職・解雇・廃業される方もいます。

とあるアンケートでは、「がん」にかかった方の54 %が「収入が減少した」と答えられたそうです。

y3_04

平均年収400万円として、収入が減少、そこからがん治療全体での支出と保険料を差し引くと、生活費に使えるお金がどれくらい残ると思いますか?
y3_05y3_05
このように、「がん」にかかると健康だけではなく、金銭面でも大きな不安が出てきます。

がん保険のはなし

そこで、がん保険に入っておけば、金銭面での不安は軽くできます。
「がん」と診断されたその時に一時金が入ってきますので、入院や治療について金銭面での負担が軽くなります。

弊社ではさらに、あなたの必要に応じて対応できる2種類のがん保険をご用意しております。

  • さまざまな「がん」治療に対応できる「がん治療支援保険NEO」
  • 使わなかった保険料が戻ってくる「がん診断保険R」

がん保険について興味を持たれたあなた、”知って安心セット”をお申込みください。

【先着50名限定!】無料でプレゼントしております。

y3_06

特典内容: 冊子「がんのはなし」 1冊、特製ボールペン 1本、特製メモ帳 1冊、がん保険資料 1式

”知って安心セット”のお申し込みの流れ

  1. 以下のメールフォームからお申込み下さい。
  2. 10営業日以内に弊社よりご連絡させて頂きます。

メールアドレス (必須)

冊子のPDF版をご希望の場合は下にチェックを入れてください。 PDF版「がんのはなし」を受け取る

※「あんしんセエメエ」は東京海上日動あんしん生命のキャラクターです。

PAGETOP